「お見合い」で婚活し、結婚する場合には、どんなメリットがあるの?

未だ見ぬ結婚相手に選ばれるには、どういったことに注意したらいいのか?

結婚は相手がいないとできません。お一人様ではダメです。相手の異性も幸せな結婚生活を期待しています。パートナーを探しているのです。自分の理想の条件に合う相手でも、相手にとってもあなたが理想の人物でないと結婚には至りません。
 
男性も女性も幸せな結婚に夢を抱いています。結婚への価値観を持っていますから、それなりの希望の条件があるでしょう。結婚は条件が揃えばできるのかというと、そうではありません。相性とか相手を思いやる感情が不可欠です。出会いのきっかけは何であっても、「異性として好き」にならなければ結婚にはなりません。
 

働き方も大切です。

 昔は結婚すると女性は家庭に入る習慣がありました。専業主婦ですね。しかし、今は共働きをしている夫婦は珍しくありません。女性の社会進出が進んでいます。女性も男性と同じ水準の給料をもらえる時代です。
 
その代わりに残業がありますし、土曜日・日曜日に出勤することもあるでしょう。そんな暮らしから、ついつい女性らしさを忘れてしまったりします。男性から見た場合に女性に求めるのは仕事ができることではなくて、女性らしさを求めます。
 
男性は仕事をすること・女性は女性らしさを磨くことが結婚相手として選ばれる大切なポイントになるでしょう。共働きをしていても、このことは忘れないようにしましょう。

 

女性らしさを持てば、幸せな結婚が近づいてきます。

 子供を生むことは男性にはできません。肉体的にも精神的にも強くなければ出産を乗り越えられません。こういった強さは男性視点では女性らしい強さに見えます。逆に、重たい荷物を持ち上げたり、ビンの蓋を開けたりする腕力では女性は男性に負けます。その弱さが女性らしく見えます。
 
弱いだけでもダメですし、強いだけでもダメですね。この二つのギャップが女性らしさになります。強くもあり、弱くもある面を意識してください。男性ができないことをテキパキこなすシーンも女性らしさを感じます。例えば、料理です。
 
冷蔵庫を開けて、ササッと残り物でご飯を作れます。洗濯と掃除を同時進行でこなす器用さがあります。これは男性から見て、女性らしく感じる部分です。
 

外見を磨くことだけが女性らしさではありません。

 メイク・ヘアースタイル・ファッションで外見を磨くことを考えてしまいますが、それだけではありません。外見を綺麗に整えて魅力的にすることは大事です。しかし、結婚は生活になります。外面的なことだけでなく、生活をしていく上で「女性らしさ」を身につけることが男性の心に響きます。幸せな結婚に必要となる「女性らしさ」は、男性が不得意な「家事」とか「子育て」のフィールドで強調される傾向にあります。
 
婚活と言いますと外に向かっての活動と思われがちです。しかし、自分を磨くことも忘れないでください。これは女性だけでなく男性にも当てはまります。男らしさは何かを考えて魅力的な人物になるようにしましょう。